多数の業界団体が乱立するまつげエクステ業界でも、もっとも業界をリードする団体と言えば日本アイリスト協会が挙げられると思います。

日本アイリスト協会のアイリスト技能検定試験がまつげエクステの国家資格になる可能性

まつげエクステ業界の現状:乱立する業界団体と資格」でご説明したように、現在、まつエクに関連する技能検定試験は各団体ごとに設けられ、各試験のレベルや試験が求める技能・知識のレベルにバラつきが出ています。

まつげエクステ業界規模が成長していき社会的に当たり前の職業となっていくと、日本全国のアイリストやアイデザイナーの技術がバラバラではまつげエクステを受ける一般の消費者の女性が困ってしまいますので、これら検定試験の統廃合や、国家資格への一本化などが必要となって来ます。

その統一された基準(国家資格)となる可能性が高いと筆者が思っているのが、日本アイリスト協会のアイリスト技能検定試験です。

その理由は2つあります。

日本アイリスト協会と政界や省庁、自治体との結びつき

一つ目の理由は、日本アイリスト協会の社会全体への働きかけです。

新しい職種であるまつげエクステンションに限定した法律というのは整備されていませんので、現状は髪を切る美容師などの美容師法のくくりの中で規制が行われています。

根本的に美容師の業務とまつげエクステの業務は異なっているため、美容師法でアイリストの仕事をくくられてしまうとまつげサロンの営業活動に支障がでてきます。

そのため、まつ毛エクステの業界団体の役割としては、積極的に政界の国会議員や、業界を取りしまる厚生労働省などへの法整備についての働きかけを行なっていくことが求められます。

その点、日本アイリスト協会は国会議員に美容師法の改正を求め、国会議員の議員連盟発足を実現していますし、厚生労働省や国民生活センター、東京都の福祉保健局などの担当者と業界で初めて情報交換を行っています。

つまり、まつエクの業界に閉じた活動ではなく、社会との交流を持てる団体という強みを、JEA日本アイリスト協会は持っているわけです。

全国で協会直接運営のアイリスト技能検定試験を毎月開催している

二つ目の理由は検定試験の確実性と規模です。

まつエク業界の検定試験のなかには、協会が認定した各スクールで自由に試験を開催し、自由に合否を決定しているような検定試験もありますが、このような試験の方式には信頼性がありません。

2,3人のアイリスト、アイデザイナーが運営するような小規模なスクールでは、つい生徒とも仲良くなってしまい、本来なら合格基準に届いていなくてもオマケで合格にするようなことが無いとも限りません。

そのため、生徒に技術を教えるスクールとは切り離して、生徒に特別な感情の無い協会が検定試験の運営を取り仕切り、試験合否を決めるというのはとても重要なことです。

また、協会運営の検定試験を、日本全国で、数多く開催するということが日本全国に多くのアイリストを生み出す上で重要になって来ますが、JEAでは日本全国11会場で、毎月検定試験を開催する運営能力を持っています。

アイリスト技能検定試験の資格は将来も残る可能性が高い

上記のような理由で、技能検定の統廃合や国家試験化などの新たな資格ができた場合でも、JEAアイリスト技能検定試験がその新資格試験のモデルになる可能性が高いと考えられ、アイリスト技能検定試験資格取得者は、新たな資格試験は免除など高待遇を受けられる可能性もあると思われます。

そのため、これからまつげエクステのスクールに入ることを考えている場合、JEA日本アイリスト協会が運営するスクールに入り、アイリスト技能検定試験で合格するための対策をするのが良いでしょう。

日本アイリスト協会認定のまつげエクステスクール一覧はコチラ