今までのマスカラやつけまつげなどのアイラッシュデザインとは異なり、まつげエクステは毎日のまつげメイクを不要にするなど、女性たちの負担を一気に軽くすることができたり、すっぴん時の眼力を上げることができたり非常にメリットの多いものです。

この便利さを背景に急速に世の中の女性に”まつエク”は広がっていき、まつ毛エクステ業界は右肩上がりに成長しています。

しかし、どの業界でも成長の大きいところにはビジネスチャンスを求めて多くの企業や人が集まります。まつげエクステの業界も同様で、現在数えるのが難しいほどのまつげエクステンション・アイラッシュデザイン系の協会が乱立している状況です。

乱立する業界団体と認定資格

簡単にインターネット検索で出てくるものを数えても、以下のように数多くの団体があります。そして、問題なことに各団体ごとにまつげエクステの検定資格が作られ、業界全体として統一した技術の基準というものが無いという状態です。

協会 略称 検定試験
日本アイリスト協会 JEA アイリスト技能検定試験
日本まつげエクステ協会 NEA NEAまつげエクステ技能検定
日本まつげエクステンション協会 JLA アイデザイナー技能検定試験
日本ウィングエクステンション協会 JWA JWAレベルチェックテスト
日本まつ毛エクステンション事業者連絡協議会 JEIS JEIS認定制度
日本アイラッシュデザイナーズ協会 JEDA JEDA認定試験
日本まつげ美容協会 JEBA アイラッシュリスト技能検定試験
日本アイラッシュリスト協会 JES アイラッシュリスト プロフェッショナル
国際アイラッシュ協会 IEA IEA技能検定試験

ここにあがっているもので全てではなく、中小含めるとさらに多くの協会が設立されています。このことからも、業界としてまだまだ未成熟な段階であることがわかります。

技術認定のレベルの違いが顧客のクレームを生む

また、近年ではまつエク施術を受けた顧客からのクレームが非常に増加しています。

クレームの内容ははエクステがすぐに取れてしまったというものから、まぶたに炎症がでたという深刻なものまでありますが、原因としてはまつげエクステとしての統一された技術基準が無いことで、技術・知識の劣るアイリストが当然のように顧客に対し施術を行なっているという業界の現状があげられます。

当然、アイリッシュデザイン業界全体で協会の統廃合を進め、統一した技術・知識の基準、さらには、統一基準の国家資格化などが今後必要とされています。

スクールを選ぶ際にどの協会に所属するかを考える

この業界の現状は、これからまつげエクステの資格取得を考えているみなさんにも非常に重要です。まつエクのほとんどのスクールは、上にあげたような協会に所属し、その業界の認定資格の基準で教育を行い、協会の認定によって卒業後にプロとなれるという形をとっています。

すなわち、どのスクールを選ぶかによって、どの協会に所属するか、どの協会の資格を受けるかが決まってきます。これはみなさんの将来に大きな影響を及ぼします。

仮にですが、もし自分が資格を取得した協会が将来無くなってしまい、他の協会の資格が国家資格となったらどうなるでしょうか?資格を持たないあなたは、まつげエクステンションのプロとして認められなくなり、再度、資格取得をする必要があります。

そういった事態にならないためにも、このサイトでご紹介する各協会の特徴を知り、どの協会に所属するかを考えたスクール選びをしていただくことをおすすめします。